真白-ましろ-の危険性は?使用されている成分調べ

テレビやネット上で見られる美人の肌は美しく、きれいですよね。
女性なら誰しもが手に入れたいと思う、「美肌」。
お肌が美しくキープ出来ている時は周りからは若々しく見られたり、肌の調子が良いので気分まで良くなってポジティブな気持ちになったり、という方も多いと思います。

しかし一言で美肌と言っても、それを維持するのはなかなか大変ですよね。

しかし真白-ましろ-という美白石鹸を使えば、顔を洗うだけでスキンケアができてしまいます。
今まで使っていた洗顔料を真白-ましろ-を置き換えて洗顔することで肌にはみるみる潤いが戻り、透明感も増して肌が若返ります。

でもなぜ真白-ましろ-にはそんな効果があるのでしょうか?
今回はその効果を引き出す理由や使われている成分を公式サイトには書かれていない範囲まで徹底的に調べてみましたので、購入する際の参考にしてみてください♪

 
真白-ましろ-の詳細はこちら

真白-ましろ-に含まれている主な有効成分

真白-ましろ-には肌を若返らせるために有効に作用する様々な成分が含まれています。

 

アルブチン

アルブチンは厚生労働省に美白成分として承認されています。
このことから、アルブチンは安全かつちゃんと効果が認められる成分である事がわかります。

数ある美白成分の中でも美白効果がかなり高く、最強の美白成分と言われている「ハイドロキノン」という美白成分があります。
アルブチンはこのハイドロキノンとブドウ糖を結合したものです。
ハイドロキノンだけだと美白効果が高い反面刺激も強く、副作用を引き起こす可能性があり、さらに光や熱に弱く不安定という性質がありますが。一方アルブチンの場合は肌への刺激が少なく、ハイドロキノンと比べてより安定した成分となっています。

ハイドロキノンにはメラニンを除去する働きがあります。
それに対して、アルブチンはシミやくすみのもとになるメラニンが活性化する際に起こる酵素”チロシナーゼ”を抑えます。つまり、メラニンが作られる原因に作用してメラニンの発生を抑えます。
さらに、アルブチンは肌に入ると一部が分解され、ハイドロキノンと同様の働きも発揮してくれます。

(参考:http://www.skincare-univ.com/article/003928/

 

豆乳発酵液

豆乳発酵液とは、豆乳を乳酸菌などで発酵させて得た培養液にエタノールを加え、それを濾過して精製したエキスです。

豆乳発酵液の主要な成分にイソフラボンがあります。
イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を発揮する性質があります。この性質により、肌機能の活性化効果が期待できます。
エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、肌の潤いの源になります。

お肌のハリや潤いが年齢を経るごとに低下するのは、女性ホルモンの減少が原因のうちの一つとして考えられています。
そこでイソフラボンを摂取することで減少した女性ホルモンを補充し、ハリやうるおいを復活させて美肌効果を生み出します。

その他、皮脂腺の活動を抑制して皮脂の発生を抑えたり、美白効果などへの研究も進められている注目の成分となっています。

(参考:https://www.earthcare-net.com/genryou-yougo/seibunmei/2299.html

 

パパイン

パパインは一般的にはパパイン酵素とも呼ばれ、健康な脂肪細胞には影響を与えることなく、蓄積した脂肪細胞を強力に分解する働きがあります。

この優れたタンパク質分解作用から、肌の汚れを落としたり脱毛に効果があると考えられています。
また、複数の植物性加水分解酵素を含むため、タンパク・脂肪・糖分を同時に分解し、痛みを引き起こすヒスタミンを瞬時に分解する効果があることから、鎮痛作用があります。

(参考:https://www.fashion96.com/supplement/papain/

 

ブロメライン

ブロメラインはタンパク質分解酵素の中のシステインプロテアーゼに分類される酵素で、パイナップルの果汁と茎から得られる天然由来の酵素です。
痛みと炎症を軽減する効果があり、タンパク質を分解する効果もあることから、抗炎症剤や消化酵素としてよく使用されます。

このため、肌に起きている異常を沈静化させ、元の肌に戻す働きがあります。

(参考:http://www.dietary-supplement.org/another-supplements/bromelain.html

 
真白-ましろ-の詳細はこちら

その他の成分

カリ含有石ケン素地、水、ブロメライン、パパイン、アルブチン、 グリチルチリチン酸2K、豆乳発酵液、大豆種子エキス、ラレアディバリカタ葉エキス、 パパイア果実エキス、パイナップル果実エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、 オリーブ油、イランイラン花油、香料、グリセリン、BG、レシチン、粘土、モンロリロナイト、カオリン、マイカ

 

 

グリチルリチン酸2K


グリチルリチン酸2Kは医薬品にも応用されており、抗アレルギーや薬、風邪薬などにも使われています。
炎症を抑える効果もあるため、赤ニキビの症状を緩和する効果があります。

 

ラレアディバリカタ葉エキス


ムダ毛の発育・成長を抑える効果があり、保湿効果も併せ持っています。

 

パパイア果実エキス


シミの原因であるメラニン色素の原因を抑制し、美白効果があります。
また、肌のシミやシワ、たるみなどの女性の悩みを防いでくれる効果もあります。

 

プエラリアミリフィカ根エキス


マメ科のプエラリアミリフィカの根から得られるエキスで、ホルモンバランスを整え、シワやたるみの改善など多くの効果が期待できます。

 

オリーブ油


オリーブ油に含まれるオレイン酸には保湿効果があるため、乾燥肌に用いると潤いをキープして美肌を保つことができます。

 

イランイラン花油


イランイランに含まれる「β-カリオフィレン」という成分には、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を高める作用があります。ホルモンバランスの乱れから生じる肌荒れなどを改善します。
また、皮脂のバランスを整える作用や収れん作用があるので、肌や髪のケアにも役立ちます。

 

グリセリン


グリセリンには保湿成分があり、化粧水からクリームまで幅広く使われている成分です。

 

BG


BGとはブチレングリコールの略で、肌に低刺激だけど保湿作用と抗菌作用を併せ持っています。天然成分ではないですが、肌に悪影響が無いことも有名です。

 

レシチン


肌の細胞を正常に保ち、シミやそばかすといった皮膚疾患を予防します。

 

粘土


粘土には乾燥肌、ニキビなどの肌トラブルを改善sるう効果があり、さらにその吸着力で肌の古い角質を取ってくれます。
また保湿成分が薄いローションのような働きをして、肌を活性化してくれます。

 

モンロリロナイト


モンロリロナイトには、肌表面にある皮脂、最近、煙草の煙や排気ガス、ダニの死骸、メイク汚れ等を磁石のように吸い寄せることができます。
また、ニキビ菌を吸着することもできるので毛穴詰まりを解消してニキビを予防することができます。

 

カオリン


カオリンとはカオリンクレイのことで、主な働きとして皮脂や水分を吸着する効果があります。

 

マイカ


肌に光沢感を出したり、キメを細かくする効果があります。

 
真白-ましろ-の詳細はこちら

真白-ましろ-の危険性は?使用されている成分調べ まとめ



真白-ましろ-にはアルブチンやパパインなど、これら主な成分の他にも肌に効果がある成分がふんだんに使われています。
このことから、真白-ましろ-は石鹸の効果以上に肌をケアする効果が期待できます。

複数の成分で肌を整えるため、個人差のある肌質にもできるだけ幅広く対応できるようになっています。
ですので肌トラブルに悩む方には特にオススメです!

真白-ましろ-の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です